×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無料一括,見積もり,最安値,比較検討

自動車保険(任意保険)Q&A

自動車保険(任意保険)Q&A

自動車保険って?

自動車保険とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険のことを指します。
法的扱いにおいて大きく二つに分類され、「強制保険」と「任意保険」に仕分けすることができます。
強制保険と任意保険です。解説します。

 

  • 強制保険
  • 自動車を「運行」に供する際に、法律によって加入が義務づけられている自動車保険を
    強制保険と呼びます。国内においては、自動車損害賠償保障法に基づく
    自動車損害賠償責任保険が強制保険に相当します。
    農協や全労済などで取り扱う自動車共済と呼ばれるものがありますが自動車保険と同様と考えていいでしょう。

     

  • 任意保険
  • 自賠責保険だけでは責任保険の限度額の面や、被保険者自身の補償の面で不十分であり、十分な保険を行う事を目的として、
    任意で加入できる保険商品が保険会社などから販売されています。これが、一般的な自動車保険の任意保険にあたります。

自動車保険会社(任意保険)ってどれも一緒でしょ?

いいえ!自動車保険会社(任意保険)は大きく2分類できます。
代理店型自動車保険と通販型自動車保険に分類されます。

  • 代理店型自動車保険
  • 保険業法が改正される以前に一般的だった代理店を通して保険会社と
    契約する自動車損害保険です。自動車損害保険代理店から外交員が訪問し、プロのアドバイスを受け補償内容を検討でき、
    代理店担当者が手続きを代行します。

     

  • 通販型自動車保険
  • インターネット等を利用して契約者と保険会社が直接契約を結ぶ自動車保険のことです。「ダイレクト型」とも呼ばれます。
    16年前に保険業法が改正され、各保険会社が保険料を自由に設定できるようになり普及しました。保険料の低料金設定と、
    契約の手軽さで人気を集め、現在では数十社が通販型の自動車保険を展開しています。

1996年から始まった金融ビッグバン(金融制度改革)により自動車保険も自由化が進み、
1997年にアメリカンホーム保険が日本ではじめてダイレクト自動車保険の販売を開始しました。

なぜ通販型自動車保険は安いの?大丈夫?

保険料の内訳を解説します。
自動車保険の保険料は「純保険料」と「付加保険料」に区分けできます。
純保険料は・・・契約者に対して保険金を支払うための原資です。
付加保険料は・・・保険金の支払い以外に必要な、広告費、人件費、代理店手数料、店舗経費などの会社の運営に充てられます。

 

低料金設定を可能にしたのは付加保険料なのです。
通販型自動車保険は電話やインターネットで契約可能なため、店舗を持つ必要がなく、その経費や店舗運営に伴う人件費、
代理店手数料といったコストを抑えることができます。
このようなコスト削減により付加保険料を抑えて、割安な保険料を可能にしたのが通販型自動車保険です。

通販型(ダイレクト)自動車保険は本当に安いの?

はい!低料金設定が通販型自動車保険の最大のセールスポイントです!
代理店型自動車保険と比較すると年間保険料が平均25,000円安くなったという統計があります。
最大で50,000円も安くなったという方もいらっしゃいます。
更に、通販型自動車保険で契約が決まれば保険会社によって異なりますが、ネット割引サービスが適応され数千円から
最高12,000円まで割引になります。
更に更に、年間一括払いで保険証書を省略すると500円割引も適応されます!
契約状況の確認は契約された保険会社のサイトからいつでも確認できますし、ダウンロードも可能です。

通販型自動車保険会社は何社くらい存在するの?

大手通販型自動車保険だけでも25社を超えます。生命保険会社や火災保険会社、中小自動車保険会社まで含めると50社を
超えるのではないかと言われています。
あいおいニッセイ同和保険 / アクサダイレクト / 朝日火災 / アメリカンホームダイレクト / イーデザイン保険 / SBI保険 / おとなの自動車保険 / ソニー損保 / 損保ジャパン / チューリッヒ / 東京海上日動 / 富士火災 / 三井住友海上 / 三井ダイレクト / そんぽ24 / AIU保険 / セコム損保 / セゾン自動車火災保険 / 朝日火災 / 共栄火災 / 東京会場日動 / ソニー損保 / 日本興亜損保などなど・・・

沢山ある保険会社からどのようにして選ぶの?

簡単に厳選できるサービスを紹介します。
インターネット上で展開するサービスで一括見積もりが可能です。
必要な情報を入力するだけで多くの保険会社から、より良い条件提示をした数社に絞込みを行い見積書を開示してくれます。
このサービスは無料で利用できるサービスで「無料一括見積もりサービス」ですから遠慮はいりません。
大手自動車保険会社でも25社を超えるのですから、一社ごとに見積もりを依頼するのは、時間と労力が必要です。
必要項目を入力するのに最初は10分位かかるかもしれませんが、慣れれば5分程度で入力可能ですから簡単です。
入力の際には、運転免許証、車検証、現在任意保険加入していれば保険証書があればスムーズに入力可能です。

自分で契約することが不安なのですが?

通販型自動車保険は、インターネット上でご自身で契約する形態ですが、ご心配無用です。
テレフォンオペレータやチャットでの質疑応答を行っていますので、サポートは充実していますのでご安心して大丈夫です。
女性の方でも迷った時、不安を感じた時はサポートサービスをご利用ください。

自動車保険会社の比較時の注意点は?
  1. 保険会社によって展開するサービスがそれぞれ異なります。セカンドカー割引や走行距離割引など保険会社により特色が

    ありますので環境にマッチするものを選択しましょう。

  2. 自動車保険を通販型自動車保険に切り替える際に適応される「ネット割引サービス」ですが、初年度の割引率は高く

    設定されているが、翌年の割引率がなかったり、低く設定されている保険会社もありますので、注意が必要です。

  3. 必要な保障やオプションは最初の段階で確認して一括見積もりを取得するようにしましょう。

    契約内容が異なると、比較が面倒で正しい正解を導くのが難しくなる可能性があります。

  4. 無料一括見積もりサービスはインターネット上で複数のサービスが存在しますが、複数のサービスを利用しましょう。

    通販型自動車保険会社は重複する会社が出現します。しかし、内容が若干違うことがあるようです。
    これは保険会社と無料一括サービスとの提携などが原因なのかは定かではありませんが無料のサービスですから
    利用しない手はありません。ちなみに4サイトのサービスを利用した私に請求などは一切ありませんでした。

「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり

たくさんある保険会社を個別に調べるのはとっても大変ですが『保険スクエアbang!』では最大20社の自動車保険を比較、【無料】で一括見積もり依頼が可能です。

≫詳細ページ

ズバット自動車保険比較

自動車保険の保険料比較や賢く選ぶコツ、事故対応満足度ランキング、事故対応サービスの比較など、役立つ情報が満載です。自動車保険をご検討の際は、ぜひ一括見積もりをご利用ください。

≫詳細ページ

比較.com「自動車保険一括見積り」

お得&便利な『自動車保険一括見積もり』サービス【 無料 】あなたの条件にぴったりな自動車保険が見つかります!複数の自動車保険会社から回答をゲット&比較しよう!

≫詳細ページ

自動車保険見積もりのインズウェブ

保険料は、車や走行距離、事故暦や、等級、免許証の色、乗られる方の年齢等々によって計算されます!複数の保険会社から見積もりを取れば、自分に合った一番安くてお得な保険会社がわかります!

≫詳細ページ

楽天自動車保険一括見積もり

【公式サイト】無料・最短2分の一括見積もりで複数社の自動車保険見積もりを一括請求できます。お好きなプレゼントが選べるキャンペーン開催中で今ならお得が満載!!

≫詳細ページ

価格.com 自動車保険

保険会社のネット割引や特典、価格.com限定の契約特典やキャンペーンも実施。無料一括見積もりで自動車保険の保険料やサービスを徹底比較!

≫詳細ページ

無料一括見積もりサービスはいくつのサービスを利用しても当たり前ですが無料です。

利用する無料一括見積もりサイトにより保険会社の提示金額が多少異なることもあるのでより多くの
サービスの利用をお勧めします。
重複する見積もりも存在しますが、より安い保険料を厳選するためには複数の利用が望ましいようです。
サービスは無料ですから!

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ